ダイヤモンド 一粒ネックレス その1


ダイヤモンドの一粒ネックレス


本当に使いやすくて一つは持っておいても損はしないアイテムだと思います。


ダイヤモンド一粒ネックレスを購入する際

ティファニーのバイザヤードを思い浮かぶ方も多いでしょう。

小粒でかわいいですよね。


ブランドが造っているネックレスは値段が割高ですが、ダイヤモンドが綺麗で何も考えずに購入できるメリットもあります。

ですが、少しでも安く、そして少しでも大きいものが欲しい!という方もたくさん居ると思います。

そんな方にちょっと読んで頂きたい。


まず、一粒ネックレスを購入する際、皆さんは何から検討を始めますか?


一粒ネックレスを選ぶ際、下記項目のバランスを考えて購入すると思います。

・地金の色

・地金の形状(ネックレスのデザイン)

・ダイヤモンドの大きさ

・ダイヤモンドのクラリティ

・ダイヤモンドの色

まず地金の色ですが、プラチナもしくはK18WG・K18YG・K18PGで選ばれる方が多いと思います。


プラチナ色かイエローゴールド系か。

好みとよく着る服装にもよって選択が変わってきますね。


もし、プラチナ色を選ばれる際、プラチナかK18WGどちらかの選択になると思います。

できればプラチナを選んで頂きたい。


色一緒だし、高価なK18だしいいじゃないと思われる方もいるでしょう。

実は、K18WGは、そのプラチナ色を出すためにロジウムメッキというものをしています。

現在は割金に白いものを使い、できるだけ地金の色が白く見えるように工夫されているようですが

基本の地金の色はK18YGに近い色となります。

ネックレスは指輪のように色々な場所にコツコツぶつけることはないとしても

汗や肌の摩擦、経年によりロジウムメッキが剥がれて地金の色が出てきます。

一粒ネックレスはその使いやすさがため、割とヘビーローテーションしたりします。

お守り代わりにずーっと着けたままの方も結構いらっしゃるようで。

ですので、経年や使用によりロジウムメッキが剥がれた場合、ロジウムメッキ加工を施さないと綺麗ではなくなります。

その点、プラチナを選択した場合、地金の色が基本変わらないので当初輝きを増すためにロジウムメッキを施したもので、経年・使用によるメッキ剥がれでも色が変わることがありません。
ロジウムメッキが剥がれているのかすら分からない地金色だということです。

ちなみに、お値段的にK18のほうが安いので、金額を抑える為にK18WGを選ばれても全く問題ありません。

使用頻度・年数によりますがロジウムメッキが剥がれてきても、新品仕上げをすればいいのです。

ネックレスのロジウムメッキは安くて1,500円程度、高くても5,000円程度ではないでしょうか。

そういう手間が出てくるかもしれないという点を頭にいれて検討してください。


イエローゴールド系は華やかです。明るい色のダイヤモンドを選んだ場合、

ぽーんと白いダイヤモンドがイエローゴールドの地金に浮かんだようでとても綺麗です。

また、黄味があるダイヤモンドでも地金の色となじみがよく、キラキラと特徴的な色が楽しめます。

ピンクゴールドは日本人の肌によくあうお色だと言われています。

こちらもイエローゴールドと一緒でダイヤモンドの色を選ぶ幅がでますね。ライトブラウン系のダイヤも合うのではないでしょうか。


と、地金の色は本当に好みで、プラチナを持ってるから今回はイエローゴールドに。
またはその逆もあるのではないでしょうか。

そしてネックレスのデザインは

・ティファニータイプ6爪のシンプルデザインや4爪留め

・フクリン留め(ティファニーのバイザヤードに似た形状)

・一点留め

・二点留め

から選ばれる方が多いと思います。


飽きのこないものはティファニータイプとフクリン留め

シンプルでダイヤモンドをより綺麗に見せたい方はは1点留めか2点留めかと思います。

こちらも好みとなりますね。

指輪ではないので、なんともいえませんが・・・・2点留めはやめたほうがいいかな。

1点留めは爪が大きく長て後ろの土台ががっちりしている事がおおく、わりとしっかりした土台となりますが、

2点留めはその形状からダイヤモンドが揺れる場合があります。

実はこれは経験上のお話ですが、2点留めは左右のどちらかに圧力がかかった場合、すぐ石ゆれが起こりダイヤモンドがグラグラしだします。よほどのことがない限りダイヤモンドが落ちるということはないですが、揺れが大きくなり爪が緩んだりするとやはり落ちるでしょうし、不安が多い留め方であると認識しておいてください。

なので私は2点留めのせいでダイヤモンドがグラグラし、安心して着用できなくなりリフォームに出した記憶がございます。


ティファニータイプの6爪留めかフクリン留めを選ばれる場合

見た目にその差がでてきます。

続きは次回、 ダイヤモンド一粒ネックレス その2に書きたいと思います。







ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック